使い分けてこそ上級者!腕時計のベルトのメリットとデメリット

  • by admin

メタルベルトのメリット

メタルベルトは傷に強いうえに耐水性もあるので普段使いでも気軽に身につけられるのが魅力です。汗や埃で汚れてしまっても、柔らかい布でふき取るだけで簡単に綺麗にできるケアのしやすさも高評価です。ビジネスからカジュアルまで、服装を選ばずに合わせやすいので、「迷ったらまずはメタルベルトにするのがいい」とも言えるほどの万能感も特筆すべきポイントでしょう。

メタルベルトのデメリット

メタルベルトは重たくなりがちなのがたまにキズです。また、近年ではマナーも変化しつつあるので一概に言えない部分もありますが、メタルベルトのように光沢を放つ装飾品は一般的には冠婚葬祭(特にお葬式)の場には適さないという考え方もあります。日本よりも海外では、よりこのマナーが重視されるという説もあるようです。マナーでどうしても失敗したくないという場合であれば、メタルベルトの腕時計は避けたほうが無難と言えそうです。

レザーベルトのメリット

重量が軽く身に付けやすいのレザーベルトです。時間の経過とともに変わる質感や色合いも楽しめるので根強い人気があります。靴や財布、名刺入れなどの小物と色味を統一することで、オシャレな雰囲気を醸し出せるのも特徴でしょう。レザーの色としては、黒や茶が一般的ですが、とりわけ黒のレザーが放つフォーマル感は他のどのタイプのベルトよりも群を抜いています。

レザーベルトのデメリット

レザーは汗や水に触れると傷みやすいという特性を持っています。雨の日はもちろん、トイレで手を洗う時にも気を配る必要があります。大事に使えば長持ちさせることは可能ですが、それでもやはりメタルベルトに比べると耐久性には劣るので、数年単位でベルトを交換する手間とコストを覚悟することも求められます。

シャネルの時計はメンズ用もあり、ビジネスシーンで活躍するモデルも用意されています。多少なりとも色は限定されますが、主張あるデザインはコーディネイトのアクセントにもなります。