大事なペットを見てもらうから動物病院はきちんと選ぼう

  • by admin

行きつけの病院を作る

犬や猫を飼っている人は、大事なペットの具合が悪くなってから病院を探すのではなく、元気なうちにかかりつけの病院を探しておくことをお勧めします。具合が悪くなってからでは本当にいい獣医さんかどうか判断がつきません。ペットは話せませんので、様子がおかしいなと思ったらすぐに病院に行く必要があります。その時に慌てて選ぶより、今から動物病院のはしごをしてでも探しておきましょう。

行きやすい場所の中で選ぶ

動物病院は、ペットの具合が悪い時に行く前提で探すのがいいでしょう。あまり遠くだと一刻を争う自体だった場合、間に合わない可能性もあります。遠くても30分以内の範囲で動物病院を探してみてください。病院の口コミを見るのもいいですが、口コミはあまり当てにせず、一軒一軒自分でまわるのがいいでしょう。でも具合も悪くないのに病院に行って何を見てもらうの?と思うかもしれませんが、動物病院では爪切りや肛門絞りなどをしてくれます。いつもトリミングサロンなどで爪切りなどをしてもらっているのであれば、良い病院が見つかるまでは病院でやってもらいましょう。その時に先生の人柄や病院の雰囲気、待合室で待っている人の話などを聞くようにしてください。また、時間外での対応をしているのかどうかをきちんと聞くことも忘れないようにしてください。

念の為セカンドオピニオンも

大事なペットのことですから、動物病院は1箇所ではなくセカンドオピニオンも作っておきましょう。診察結果に納得がいかなかったり、いい獣医だと思っていたらそうでもなかった、ということはありえます。何度か通ううちに徐々に分かってきますので、その時のために予備の病院もさがしておいてください。

時間外診察を行う動物病院に通院する事で、緊急の状況に対応する事ができます。中には深夜まで診察可能な場合もあります。