正規のルートの証明ができる?臭いが重要なポイントになるよ!!

  • by admin

正規のルートで買った証明がある

ブランド品が買える店として、まずはそのブランドの直営店や販売代理店があります。販売代理店もほぼ直営店と同じ基準で販売してくれ、保証書などもつけてもらえます。それ以外に買える店として、並行輸入品を扱っているお店です。家電量販店やディスカウントショップなどが多いかもしれません。ブランド品を買取ってもらうとき、基本的には直営店や販売代理店、そして並行輸入品でも買い取ってもらえます。ただ、販売ルートがはっきりしないものは買い取ってもらいにくくなります。並行輸入品でも、ギャランティーカードなどがあるなら可能性はありますが、カバンのみ、財布のみだと難しい時もあります。箱やお店の袋などで買った証明ができる時もあります。

臭いが強いと買い取ってもらえない可能性

女性は身だしなみとして、化粧や香水などをつけるかもしれません。日常的に香水をつけていると、自分の持ち物にもそのにおいがついてしまう可能性があります。タバコを吸っている人も同様で、持ち物にタバコの臭いが付くときがあります。ブランド品を買取ってもらうとき、その品のにおい以外の臭いがついていると買取してもらいにくいので注意しましょう。1回しか使っていなければ非常にきれいな状態ですが、香水やたばこの臭いがする部屋にずっと置いているとそのにおいが染みつく可能性があります。将来的に売却を視野に入れて使うのであれば、自宅に保管するときはその都度袋などに入れるといいでしょう。自宅以外での置き場所も、臭いが付きにくいところを選ぶようにしましょう。

ブランド品買取のお店は多数ありますが、ブランドによって強化買取をしているので事前に調べてお店を選ぶのが賢い売り方の一つです。