屋上緑化をするとどんなメリットがあるの?どんな工事が必要になる?

  • by admin

植物が植えられたり空調費用の節約になる

狭小住宅だとなかなか庭が作れずガーデニングをしたくても楽しめません。少しだけ楽しもうと植木鉢を玄関などに並べている家庭もあるかもしれません。ガーデニングを楽しみたいなら住宅の形状にもよりますが、屋上緑化工事を行えばできるようになるでしょう。屋根の部分に上がれるようになっていて平らな状態であれば、そこに土などを敷き詰め地面と同じような環境を作れば緑化が可能になります。屋上緑化のメリットはガーデニングが楽しめるだけでなく空調費用の節約になる点があるでしょう。屋上に何もなければ太陽熱や冷たい風が下の部屋に影響するので冷暖房費用がかかりやすいです。屋上緑化されていると太陽熱などを遮ってくれるので、その分冷暖房費用が抑えられるでしょう。

どんな工事が必要になるか

オフィスビルなどで屋上緑化を見かけたりしますが、一般の住宅でも行える可能性があるので検討してみましょう。一番簡単なのは人工芝を屋上に張り付ける方法で、その後の管理もほとんど必要ありません。本格的な屋上緑化では天然芝や植物を育てる環境が必要になるのでそれなりの工事も必要です。植物が育つには土や水が必要になり、まずは屋上部分に防水加工や排水加工をしなければいけません。水は流しつつ土は流れないようにしないといけないので、結構大変な工事になるときもあります。屋上に水道設備がないときは屋上に水道をひかなければいけません。散水を自動で行ってくれる装置を取り付ける工事をすれば管理が楽になります。

屋上緑化は広い敷地には畑や植物園のようなものを実現することが可能です。太陽もよく当たるので植物が育ちやすいのです。