便利だけど手間がかかる?電子タバコのメリットとデメリット

  • by admin

楽しみの幅が広く安心して楽しめる電子タバコ

電子タバコはリキッドと呼ばれる専用の液体を電気熱で蒸発させ、その気化した成分を吸い込むことで喫煙を楽しむアイテムです。紙巻たばこなどで問題視される事の有るタールは燃焼の際に発生するものであり、電子タバコでは何かを燃やすようなことはないのでタールが発生しないのは大きな利点と言えます。これはいわゆる「ヤニ」によって部屋が汚れたり匂いが染み付いてしまうことを防ぐことにもなるため、匂いの染み付きが気になりやすい女性でも喫煙をしやすくなる一助となっています。またリキッドは複数の匂いを混ぜ合わせて使うことも出来るため、自分の好きな配合を試せるでしょう。そのため非常に味の幅が広く、その日の気分に合わせた配合などを探す楽しみがあるのも電子タバコ特有のものと言えます。

使い捨てでは無い分どうしても手間がかかる

電子タバコは使い捨て出来るアイテムではないため、衛生管理の面でも毎日掃除することが望まれます。吸口を拭くのは当然ながら、リキッドを充填するボトル部分も掃除しておかないと、次に他のリキッドを喫煙する時にボトルにこびりついていた前のリキッドと味が混ざってしまうのです。また電子タバコでニコチンを吸いたい場合には、少し手間がかかる事もデメリットでしょう。日本国内では薬事法によってニコチンの購入が制限されています。そのためニコチン配合のリキッドを手に入れたい時は個人輸入で海外から仕入れるしかなく、通販などを駆使しなければイケないのはやや手間がかかってしまうでしょう。

pod型vapeは備品が多いのでオリジナル商品を作り出すことができます。具体的には、ストラップヤケースなどがあります。