機械式時計はメンテナンス必須? オーバーホールの必要性を解説

  • by admin

機械式時計のオーバーホールとは?

時計のオーバーホールとは、時計を一度分解して行うメンテナンスです。時計を分解して内部部品の洗浄や修理、交換などを行います。時計はずっと動いているものですから、動作に支障がなくても使い続けていれば、部品に劣化や消耗が生じ、動きが狂う原因となるでしょう。定期的にオーバーホールすることにより、時計を長持ちさせることができます。

オーバーホールの頻度について

時計をオーバーホールする頻度は、メーカーによって推奨時期が異なります。ロレックスやオメガなど時計の有名ブランドメーカーでは、製品を購入する際、適切なオーバーホールの頻度を教えてくれるでしょう。また、時計メーカーのサイトには、オーバーホールする推奨時期だけでなく、日頃のお手入れ方法なども丁寧に説明されています。高価な機械式時計を購入したら、一度サイトに目を通しておきましょう。なお、機械式時計のオーバーホールは3~5年に一度が目安と言われています。この時期が近づいたら、時計修理専門店などで、専門家に詳しく時計の状態を見てもらうと、オーバーホールが必要かどうか分かるはずです。

オーバーホールの費用について

機械式時計のオーバーホールは、メーカーや製品によっても異なります。費用相場は、数万円~10万円代、時計を預ける期間は1週間~10日ほどです。メーカーでもオーバーホールを受け付けていますが、ネットで探せば格安でオーバーホールを引き受けてくれる業者も見つかります。どこでオーバーホールをするのも持ち主の自由ですが、信頼できる業者に依頼することが重要です。値段よりも実績でオーバーホールを任せる業者を選びましょう。

オーデマピゲの時計は、主張しすぎず品がありながら高級感も感じられます。贈り物にすると喜ばれること間違いなしです。