電子タバコって何歳から吸えるの?何が必要かも知っておこう!!

  • by admin

電子タバコは何歳から利用できるか

タバコと言えば法律で20歳以上でないと吸えません。タバコに似ている加熱式タバコに関してもタバコに準ずる扱いとされています。同じタバコの名がつく電子タバコは何歳から利用できるのか気になりますが、こちらに関しては法律上特に決まりがありません。タバコに年齢制限が設けられているのはタバコの成分に若い人の成長を阻害するものが入っているためです。ニコチンなどがそれに該当するのでしょうが、実は日本で一般的に販売されている電子タバコにはニコチンは含まれていません。ニコチン以外にもタバコには有害物質が多く含まれていますが、類似する成分は電子タバコには含まれておらず全く別物と言っても過言ではないでしょう。何歳でも利用できるものの地域によって利用に規制があるのでそれを守って利用する必要があります。

電子タバコには何が必要か

タバコを吸いたいときはタバコと火をつける道具を用意します。タバコに関しては年齢確認などがありますが、マッチやライターなどは誰でもコンビニなどで簡単に買えます。では電子タバコを利用したいときは何が必要でどこで買えるかですが、通常は電子タバコ本体とリキッドをそれぞれ購入しなければいけません。本体には吸い口の部分やリキッドを入れる部分、そしてバッテリーなどがセットになっていて、電子タバコ専門店などで販売されています。リキッドは液体なので小さいボトルに入れてこれも電子タバコ専門店で売られています。気軽に始めたい人には使い捨てタイプがありこちらはコンビニでも販売されています。既にリキッドが充填されていてリキッドがなくなったら新しいものを購入しなければいけません。

海外で購入したニコチンリキッドは国内に持ち込める量が法律で定められているので、税関を通る際は注意が必要です。