機械式時計好き必見!革ベルトの簡単なお手入れ方法を紹介します!

  • by admin

毎日のお手入れは乾いた布でサッと拭くだけでOK!

機械式時計が好きな人の中には、革ベルトを愛用しているという人も多いのではないでしょうか。金属ベルトに比べてフィット感に優れる革ベルトは、快適な着け心地が癖になりますよね。そんな革ベルトですが、定期的にお手入れをしないとすぐに劣化してしまいます。劣化を防ぐためにも、日常的に革ベルトをお手入れするようにしましょう。簡単に出来るお手入れとしては、乾燥した柔らかい布で拭き取るという方法があります。なぜ乾いた布を使うのかと言うと、革が水分に弱いからです。拭き取る時は力を入れ過ぎないようにすることも重要なポイントです。ゴシゴシと拭くと細かな汚れが革に刷り込まれてしまってベルトが黒ずんでしまいます。それを避けるためにも、革ベルトは優しく拭くようにしましょう。

臭いが気になってきたら日陰に干そう!

革ベルトに付着した汚れも気になりますが、長く使っているとベルトに染み込んだ臭いにも悩まされるようになります。臭いの対処法として水洗いがよく挙げられますが、水洗いは少しコツがいるので慣れていない人には難しいかもしれません。そこでオススメしたい臭い対策の方法が「陰干し」です。直射日光が当たる日向に干してしまうとベルトが色落ちしてしまいますが、日陰だとそんな心配もありません。風通しの良い日陰に干しておくだけで、ちょっとした臭いなら取り除くことが出来ます。もし、それでも臭いが取れなかったら、革ベルト用の消臭スプレーを活用しましょう。消臭スプレーを使う際ですが、至近距離からは噴射しないようにしてください。あまり近い距離から噴射すると、革が傷んでしまう可能性があります。

グランドセイコーは、1960年に時計王国と呼ばれていたスイスの牙城く切り崩すという志のもと、日本に誕生した最高級時計ブランドです。